不当労働相談広場

不当労働行為の種類

不当労働相談広場 > 不当労働行為の種類

不当労働行為の種類

最近「不当労働行為」というワードを目にする機会が増えましたが、これはいったいどんなものなのでしょうか?
まず簡潔に説明すると不当労働行為は3つの種類に分かれ、「不利益扱い」「団体交渉拒否」「支配介入」とあります。

はじめに不利益扱いについてですが、これは簡単に言うと会社側が労働組合に対して不利益な行為をすることを指しており、たとえば労働組合に加入したり結成したりするのを妨害したり差別したりすることが該当します。
労働組合は結成の自由がありますし、会社側にそれを抑止する権利はありませんので、もしこうした行為があった場合は法的な手段で解決することも可能です。

次に団体交渉拒否についてですが、こちらは言葉の通り会社側が労働組合との交渉を拒否する行為を指しています。
たとえば未払いの残業代やサービス残業について交渉したい場合、会社側は必ず交渉の席につく義務がありますが、それを拒否してしまうとこちらも弁護士などが介入して最終的に法的な方向へ進むこともあります。

最後に支配介入ですが、こちらは労働組合そのものに会社が介入することで結成や運営を妨害する行為を指しています。
これから労働組合を結成しようと思っても会社がその運営に口出しするような組織ではうまくいきませんし、労働組合としての意味もなくなってしまいます。

このように不当労働行為には3つの種類がありますので、労働組合の結成を考えている方や加入を検討されている方はきちんと頭に入れておきましょう。
インターネット上で詳しいことも調べられますからまずは情報収集をしっかりやってみてください。

不当労働や残業代の未払いにお悩みなら、千代田中央法律事務所へご相談ください。
相談料・着手金は無料ですので、安心してご相談いただけます。

top